Japanese Language Review: 「魔女の侘急便」

魔女の侘急便「魔女の侘急便」が1985年に角野栄子から書いた児童書です。若い魔女のキキの話で、色々面白い瞬間があります。キキは気の強く、おてんばぽい少女ですので、おかしいキャラクタです。でも、私はキキと心が通じる感じがあります。彼女は暖かい性格の少女ですから、彼女の冒険と日常生活について読むことが楽しいです。

1989年にスタジオジブリは「魔女の侘急便」をアニメかにしました。英語で「Kiki’s Delivery Service」と名づけました。アニメバージョンは本と少し違う点があります。諸説には、キキは割りと楽な生活をしている、でも映画でキキは魔法力を失う事である。宮﨑駿は角野栄子に脚本を見せた時、角野さんが断りました。原典と違うすぎるとおもいました。宮﨑駿は角野の家に訪問して、スタジオジブリ。結局、角野さんは賛成して「魔女の侘急便」はアニメにしました。

本の最初、キキは両親の家でお母さんを手伝います。お母さんのコキリは魔女です。魔法の薬を作ります。キキのお父さんが魔女ではない、民話の学者です。キキのお母さんはキキが木にぶつからないと、村の木に鈴を付けました。賢い点と思った。

ほどなく、キキはりっぱな魔女になるために家から出ました。なんとなく海の近いところを探しました。やがて、キキはコリコという町を見つけました。コリコの村民がキキを空で飛んでいることを見ると、怪しいと思っていた。でもキキはパン屋のそばで歩いて、パン屋さんの奥さん(おそのさん)と友達の会話を小耳に挟みました。奥さんの友達が出た後、おそのさんは呼び追っていました。おそのさんの友達が赤ちゃんのおしゃぶりを置き忘れました。キキはおしゃぶりを届けろうと差し伸べりました。おそのさんはキキが泊まるところがないと聞いた、パン屋の余分部屋に泊まらせました。

その時以来、だんそうが続けました。キキがじじに黒猫のねぐるみのかわりに演じさせたとか、気取る女の子の恋文を届けたとか、トンボさんという飛行オタクを会ったとか、船長にいらない腹巻を届けたとか、快速電車から楽器を持ち出たとか、色々な冒険を経験しました。キキと他のキャラクターはとても可愛いから、面白い諸説です。日本語の初心者も、分かれると思います。私の場合、毎日一か二ページだけ読めると、ぜんぺん九月とった。漢字が少なくて話は一般的に簡単ですから、難しすぎませんでした。日本語学生におすすめします!

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s